一般財団法人国際生涯研究財団主催・文化庁公認【日本語教師養成講座】日本語教育というフィールドであなたも活躍してみませんか? 2017年受講生募集
一般財団法人国際生涯研究財団主催・文化庁公認【日本語教師養成講座】日本語教育というフィールドであなたも活躍してみませんか? 2017年受講生募集

日本語教師という仕事

文字通り、日本語を母語としない人々に日本語を専門的に教える職業を指します。
日本語教師は、日本語の読み書き、話し方、発音などを教えます。正しい日本語や文法などの専門知識やそれを学生に教えられるスキルが必要です。
日本語を学ぶ学生は、母国と日本の文化や習慣の違いに戸惑うことがあります。日本語教師は、日本語という言葉だけではなく、日本の文化や習慣を教えることで、日本の理解を深めるサポート役も担います。
日本人の代表となり、日本語と世界をつなぐ魅力的な仕事です!

日本語教師になるには

日本語教師として仕事をする上で必要な国家資格はありませんが、法務省告示日本語教育機関で教員になるためには、学士の学位を有し、かつ以下の3つのうち、いずれかの条件を満たす必要があります。



1. 日本語教師養成講座(420時間)を受講する(4年制大卒)

2. 大学で日本語教育を主専攻あるいは副専攻として履修し、卒業している

3. 日本語教育能力検定試験に合格する



※ただし、法務省告示校以外の日本語教育機関(企業への派遣講師、一部の専門学校、技能実習生指導、海外など)で日本語教師として勤務される場合は、必ずしも学士の資格を有する必要はありません。

日本語教育機関の告示基準

十三 全ての教員が,次のいずれかに該当する者であること。
イ 大学(短期大学を除く。以下この号において同じ。)又は大学院において日本語教育に関する教育課程を履修して所定の単位を修得し,かつ,当該大学を卒業し又は当該大学院の課程を修了した者
ロ 大学又は大学院において日本語教育に関する科目の単位を26単位以上修得し、かつ、当該大学を卒業し又は当該大学院の課程を修了した者
ハ 公益財団法人日本国際教育支援協会が実施する日本語教育能力検定試験に合格した者
ニ 学士の学位を有し、かつ、日本語教育に関する研修であって適当と認められるものを420単位時間以上受講し、これを修了した者
ホ その他イからニまでに掲げる者と同等以上の能力があると認められる者

(法務省入国管理局)(第1条第1項第13号)


詳しくは、文化庁のホームページをご覧ください。
日本語教育機関の法務省告示基準第1条第1項第13号に定める日本語教員の要件について
日本語教員養成研修実施機関・団体(PDF)

こういう方に向いています

日本語教師として働きたい 資格をとっての国内外で日本語を教えよう! 海外勤務を希望される方 就労ビザが取得しやすい、活躍の場は世界! 国際交流に興味がある方 毎日が異文化交流!
定年退職された方 シニア世代の方も活躍中! キャリアチェンジしたい方 出産や育児などで一度職場を離れても復職しやすい 仕事とプライベートを充実させたい方 週一日からでも働ける!

日本語教師のニーズ

平成20年に策定された「留学生30万人計画」に基づき、大学や法務省告示日本語教育機関による留学生の受入れが促進され、日本語教育機関が増えています。
また、グローバル化に伴い、留学生、技能実習生、高度人材をはじめ、日本に在留する外国人は増加、在留外国人数は、平成28年度238万人を超え、過去最高を記録しました。
今、日本語教師が不足しています!

日本語教師の活躍のフィールド

●国内

・日本語学校

・大学の留学生別科

・企業内でのレッスン

・外国人技術研修センター

・留学生を受け入れる高等学校、専門学校

・ボランティアなどの日本語教室など

●海外

・日本語学校

・小学校・中学校・高等学校・大学

・海外青年協力隊

・国際交流基金による派遣

・日本の現地法人で外国人に教えるなど

教える対象者

日本国内の在留外国人が増加し、日本語教育を取り巻く環境も多様化しています。
海外でも日本文化の人気を背景に日本語学習者が増えています。


●国内

・大学や専門学校の進学を目指し、日本語学校などで勉強している留学生

・大学や大学院、専門学校などで勉強している留学生

・駐在しているビジネスマン

・技能実習生

・短期滞在(観光ビザorワーキングホリデービザ)している人

・小、中、高校などに在籍する日本語指導が必要な外国籍の児童、生徒など

●海外

・日本へ留学する予定で勉強している人

・日系企業への就職を希望している人

・日本へ渡航予定の技術者、技能実習生

・海外に住む日本人の外国人配偶者、もしくはその子どもたち

・日系人およびその家族

・趣味、教養として日本語を勉強している人など

日本語教師に求められる資質・能力

日本語教育人材に共通して求められる基本的な資質・能力

(1)日本語を正確に理解し的確に運用できる能力を持っていること。

(2)多様な言語・文化・社会的背景を持つ学習者と接する上で、文化的多様性を理解し尊重する態度を持っていること。

(3)コミュニケーションを通じてコミュニケーションを学ぶという日本語教育の特性を理解していること。

※日本語教育とは、広い意味で、コミュニケーションそのものであり、教授者と学習者とが固定的な関係でなく、相互に学び、教え合う実際的なコミュニケーション活動と考えられる。

専門家としての日本語教師に求められる資質・能力

(1)言語教育者として必要とされる学習者に対する実践的なコミュニケーション能力を有していること。

(2)日本語だけでなく多様な言語や文化に対して、深い関心と鋭い感覚を有していること。

(3)国際的な活動を行う教育者として、グローバルな視野を持ち、豊かな教養と人間性を備えていること。

(4)日本語教育に関する専門性とその社会的意義についての自覚と情熱を有し、常に学び続ける態度を有していること。

(5)日本語教育を通した人間の成長と発達に対する深い理解と関心を有していること。


●出典元:文化庁ホームページ
 日本語教育人材の養成・研修の在り方について(18ページ)

当スクールが目指す教育

現在、国内だけでなく世界各地で活躍している日本語教師は大勢いますが、日本語学習者の増加、変化に伴い、日本語教師には多様なスキルが求められています。日本語教師は日本人だから、日本語が話せるからというだけで務まる仕事ではありません。

「日本語を日本語で教える」には、日本語を客観視すること、それから自分自身が日々使用している言葉に鋭い感受性を持つことが重要だと考えています。そして、言語的・文化的知識、さらには異なる文化や考えを持つ学習者をクラスでどうコントロールするかも教師として重要なスキルです。当スクールでは、理論重視になりがちな養成講座が多い中、それらを習得し、受講後すぐに自信を持って日本語教師として勤務できるよう、実践力、即戦力が養えるカリキュラムを設定しています。

当スクールの日本語教師養成講座ならではの3つのポイント 1.通学の学習スケジュールは週末や夜中心 2.就職100%サポート-各日本語機関への就職をサポートいたします。 3.内閣府一般財団法人国際生涯学習研究財団が講座を主催

科目紹介(概略)

知識と技術を学び、即戦力となる日本語教師を目指す!


・学科 日本語教育の基礎を学ぶ

社会・文化・地域
日本語教育を取り巻く世界と異文化についての理解を深め、社会の変化に対応するための広い視野を身に付ける。
言語と心理
「心理学」と「日本語教育」はどんな関係があるのか。言語教育に関わるうえで必要な概念を理解する。人が第二言語をどのように習得し、使用しているのかを理解し、日本語を教授する際に、どのような手段が有効なのかを考えられる力を身につける。
言語と社会
日本社会での場面・環境や人間関係による言葉の使い方の違いを把握し、正確かつ円滑にコミュニケーションできる指導力を培う。
文法
日本語の文法を学ぶことで、日本人や日本語学習者の発話を文法の角度から分析することができるようになる。また正確な文法を身に付け、文法学習指導ができるようになる。
評価と試験
学習者の「進歩」や「定着度合」を正しく判定するという意味や方法を学び、そこからさらに教育内容や教育方法の改善に結びつける評価とは何かを理解する。
外国語教授法
様々な教授法の成り立ちや背景、また、それぞれの教授法の長所と短所を理解する。そして、日本語教育の現場で生かすための知識を身に付ける。  
オーディオ・リンガル・アプローチ、コミュニカティブ・アプローチ、TPR(Total Physical Response)、サイレント・ウェイ、CLL(Community Language Learning)など

・実技 指導スキルを身につける

初級の教え方/中上級の教え方:それぞれのレベルの授業で注意すべき点を確認する

実践演習(初級Ⅰ)

教え方のポイントを勉強し、初級Ⅰの授業ができるようになる。
学習の総仕上げとなる教育実習は外国籍の生徒を相手に実施。

使用教材:
みんなの日本語 初級Ⅰ 第2版

実践演習(初級Ⅱ)

教え方のポイントを勉強し、初級Ⅱの授業ができるようになる。
学習の総仕上げとなる教育実習は外国籍の生徒を相手に実施。

使用教材:
みんなの日本語 初級Ⅱ 第2版

実践演習(中級)
中級レベルの授業を行うことができるようになる。
学習の総仕上げとなる教育実習は外国籍の生徒を相手に実施。
使用教材:中級を学ぼう 日本語文型と表現56 中級前期

※カリキュラムは文化庁指針の教育区分に準拠しています。

優秀な講師陣

実際に日本語教師として日本語教育に携わっているプロの現役教師を揃えていますので、生の、今の教育現場を知ることができます。
「日本語の教え方」「学習者との接し方」に答えはありません。そのため、教師は常に臨機応変な対応が求められます。経験豊富な講師陣からの様々な経験に基づいた指導を受けることで自分自身に合った方法が見つけられるはずです。

学習風景イメージ

日本語教師は単に言葉を教えるインストラクターではなく、大学等の高等教育機関同様に日本を含む「国際社会で通用する人材の輩出」を目指したグローバル人材の育成を担う、可能性とやりがいに満ちた職業です。ですので、日本語教師には外国語として日本語を教えるための専門知識や教え方の技術だけでなく、社会人としての基礎力や人間としての基本的なマナー、公共心などを兼ね備えた人間力が求められます。当スクールの日本語教師養成講座では、知識と技術に偏った従来の講座とは一線を画し、教育現場で即戦力となる教師養成のため、「これは知っておいてもらいたい!」「こういう姿勢で留学生たちと向き合ってもらいたい!」という、実際の教育現場で求められる内容をカリキュラムに盛り込んでいます。

修了後のフォロー制度

養成講座を終えてから知識の研鑽をするところがない、日本語教師として働きながら知識を深めたいとの意見にお応えして、(財)国際生涯学習研究財団では日本語教師の質の向上を図り、国内外の日本語教育に寄与することを目的とする団体、国際日本語教師研究会を発足。活動内容は勉強会や交流会を行い、日本語教師、日本語学習者及び日本語教育に関心を持つ人々を幅広く支援します。また、会員に向けて、日本語教師の求人情報の提供や会報などを発行します。

就職サポート万全!

 (財)国際生涯学習研究財団では運営スタッフと講師が連携して受講生の皆様の就職をサポートします。日本国内の日本語学校、海外提携校、また(財)国際生涯学習研究財団限定の求人情報もご紹介します。海外での就職を希望される方には、安心して勤務を開始できるよう住居などさまざまな情報を提供しバックアップします。

受講場所が日本語学校で、
留学生を身近に感じられる

伊是名 麻希さん

・授業、仲間について印象的なこと
 「中級を学ぼう」(日本語中級テキスト)は本当に難しかったです。「日本語学習者ってすごいな」と常々思いました。座学の時は、今までに無い程勉強しました。実習に入ってからは手探りの中、教材を考えたり、グループで相談したりと、大変でしたがとてもためになりました。この講座で一緒に学んだ仲間は一生仲間です。出逢えてよかった!

・講師について印象的なこと
 実際日本語学校で働いていらっしゃる先生方なので、現場での話を聞くことが出来、とてもためになりました。また、どの先生も気さくで色々質問しやすいです。

・資格取得までの体験談
 420時間って長い~!! と最初は思っていましたが、座学が終わってからは、あっという間でした。実習も不安でしたが、皆一緒です。手探りの中で案を出し合って授業をするのは、いい経験になりました。

・この講座を選んで良かった
 受講場所が日本語学校なので、学校に通っている留学生を身近に感じることが出来ますし、授業見学や文化体験等も希望者は参加することが出来ます。それは、ここならではだと思います。

授業は丁寧で分かりやすい!

福島 哲也さん

講座の開始時は、日本語教育に携わった事がなく、かなり不安でした。
しかし、授業が進むにつれ、先生方の丁寧でわかりやすい授業のおかげで徐々に自信がつき、修了時にはしっかり生徒の前で教えられるようになりました。
 また、養成講座の生徒のみんなの仲が良く、楽しく授業を受けられたことが非常に良かったと思います。

発表する機会が多く、講座中での失敗も今後も自信に繋がりました

門脇 美紅さん

養成講座では、半年間の受講中に与えられた課題を日々こなすことで、問題を解決、消化する力を培い、卒業後すぐに就職をしても授業ができる実力を身につけることができました。
養成講座で出会った同期たちとは今も情報を共有し合い、共に高め合える仲間です。

Q.外国語ができないのですが、大丈夫でしょうか?
A.日本国内の日本語学校では日本語だけで日本語を教える「直接法」が主流です。ほとんどの日本語教育機関で外国語能力は必要条件ではありません。
Q.どのような年齢の方が受講されていますか?
A.大学生の方から、60代の方まで幅広く受講されています。これまでの経験を活かすことができ、どの年代でもチャレンジできるのが、日本語教師の魅力のひとつです。
Q.仕事などで欠席した場合はどうすればいいですか?
A.授業の振替制度はありませんが、都合がつかず欠席された時には、講義映像を視聴することにより補講ができます。 ただし、講義映像を使用した自学を行っても出席とは認められません。
Q.講座の修了要件は?
A.「科目修了テスト」や模擬授業の成績、出席率(全課程の80%以上が必須)をもとに修了判定を行います。各科目及び実技をすべて修了した受講生に対して、上記条件を満たした者には修了証を発行します。
一般財団法人 国際生涯学習研究財団主催の日本語教師養成講座は、文化庁の「日本語教員の要件として適当と認められる研修」の基準を満たし、2017年7月5日付けで届出を受理されました。
【届出受理番号:H29070527005】


期 間

2019年4月6日(土)~10月5日(土)(予定)

日 時

火・木曜日(18:30~21:45)
土曜日(9:00~18:10)
平日お仕事が終ってからでも間に合う時間設定です。

対象者

未経験者歓迎
日本語講師に興味のある方

費 用

(税別)

250,000円(税別)
教材費:別途購入

定 員

40名

申し込み
締め切り

2019年2月28日

説明会

12月13日(木)18:30~ 予約制

説明会参加申し込みはこちら

受講場所

J国際学院 大阪市西区立売堀1-1-3
大阪メトロ 四つ橋線「本町駅」下車、21番出口から徒歩3分

主 催

一般財団法人 国際生涯学習研究財団
大阪市西区立売堀1-7-18
TEL:06-7220-3928

運 営

株式会社アイビック
大阪市西区立売堀1-1-1
TEL:06-6536-0100


受講までの流れ

STEP1

説明会参加(受講場所&授業の様子を見学)
※Webサイト、またはお電話でご予約をお願いいたします。

説明会参加申し込みはこちら
STEP2

ご入学手続き
受講申込書をご提出後、銀行振込にて受講料をお支払いいただきます。
※学費の着金をもって、申込完了となります。

STEP3
受講開始
初回授業日にご来校ください。

資料ダウンロード

こちらからPDF形式の資料をダウンロードすることができます。