エアコン置けない部屋の暖房対策のおすすめは?窓用エアコン、電気?

さてさてさて、またまた私の引越しシリーズのお話なのですが

断捨離をしたりなんだりとしているのですが、実は新居に引っ越してくるにあたり

ちょっとした悩みがあったんですよね、それが今回のタイトルにもなっている通りで

私の部屋、エアコンが設置できない部屋なんですよね。

 

さらに言うと、灯油、ガス等も使えないということで

冬を迎えるにあたり暖房器具はどうしたらいいものか、ということでした。

 

今回は、私の経験をもとに

エアコンが置けなかったり、灯油が使えなかったりといった部屋の

暖房対策をお伝えしていこうと思います。

 

エアコン置けない部屋の暖房のおすすめは?

エアコンが設置できない部屋の暖房対策としては

さらには、灯油、ガスも使えない禁止されている場合であれば

選択肢はかなり限られてきます。

 

私が調べた限りですと

1つは、窓用エアコン、そしてあと1つは電気を使った

暖房器具この2つに絞られてきます。

 

窓用エアコンのメリット・デメリット

窓用エアコンの設置におけるメリットは

やはり、室外機と一体型となっているため室外機の設置場所に悩まされることもなく

また、壁に穴をあけたりなどの大掛かりな工事が

必要ないということがあげられると思います。

 

ですので、エアコンが置けないマンション等であっても

おおよその場合、設置を拒まれることはないはずです。

 

また、冷房だけのもの冷暖房を兼ねているものとありますので

その土地々々の気候に合わせた選択をすることが出来ます。

冷暖房タイプなら一年を通して活躍してくれますので

別々に用意する必要がなく便利ですね。

 

ただ、窓用エアコンにもデメリットがありまして

まずそもそも論なのですが、窓のタイプ、大きさによっては

設置できない場合があるということです。

 

ですので、こちらは導入を考えた際

まず初めに注意しなければいけない点とも言えるでしょう。

 

また、窓用エアコンはその性質上

ドアを完全にロックすることが出来なかったりとで

隙間を埋めるための対策や防犯の対策をさらにとる必要があります。

 

そして、場合によっては

天候によっては使用が制限されることもあるそうです。

 

その他の注意点としては、物によっては

カビや汚れに対して注意を払う必要があったり

その振動からくる音が結構響きうるさかったり

一般的なエアコンよりも電気代が高くなる傾向があるようです。

 

電気系の暖房器具のメリット・デメリット

電気を使った暖房器具のメリットとしては

やはり、ガスやオイルと違い安全面での安心感があると思います。

 

そして、電気を利用した暖房器具としては

ハロゲンヒーター、カーボンヒーター、セラミックファンヒーター等があり

その選択肢の多さからそれぞれ必要に応じた

暖房器具を選択できるということがあります。

 

しかしながら、デメリットとしては

狭い部屋や局所的にあっためるならこれ、広い部屋ならこれと

それぞれの特質を理解しておかないと一気に使い物になくなる点が

挙げられるでしょう。

 

さらに、種類によって電気の消費量が大きく変わってくるため

当然ですが、電気代にも大きく影響してくることになります。

 

また、どうしても窓用エアコンよりかは

部屋全体を温める効果が弱いと言われています。

 

私がした暖房対策は遠赤外線ヒーターです!

窓用エアコン、そして電気の暖房器具の2択となったわけですが

私は、結局のところ電気で使える遠赤外線暖房器具である

DAIKINさんのセラムヒートという製品を購入しました。

 

私自身は、非常に寒がりだったのですが

窓用エアコンは、窓が完全に締め切ることが出来ないのがちょっと嫌で

もう少し正直に言いますと、部屋の景観を損なうというか

ぶっちゃけなんか邪魔で圧迫感を感じたため

遠赤外線の暖房器具を選択したという流れです。

 

でも、やっぱり寒がりな私ですので

中途半端なものを購入して、安物買いの銭失いなんてことはしたくありませんでしたので

というか何よりも私は本当にちょっと寒かったりするだけで

著しく体調を損なってしまう為

 

一応は、電気屋さんで一番おすすめのもの、暖かくする機能に

定評があるというDAIKINさんのセラムヒートを購入しました。

 

ぶっちゃけ、私としてはなかなかのお値段でしたが

別にワンシーズンで終わりというわけではないので

迷わずに選択しました。

 

機能的なところで言えば、まあ

公式から確認してもらえればいいのですが

個人的には私の住んでいる地域が最近は暖冬の傾向があるということもあり

全く問題はなく暖かく過ごせています。

 

とは言え、完璧な対策となるかは人それぞれですので

合わせて電気カーペットを使用する、また部屋着もしっかり

着こむなどの対策をとる必要がある方もおられるかもしれません。

 

まとめ

ということで、今回は

エアコンの置けない部屋の暖房対策について

私の経験を交えてお話させていただきました。

 

私の場合は、遠赤外線ヒーターを選択しましたが

人によっては窓用エアコンの方が便利なんてこともありますので

色々と検討していただけたらと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました